スティーブン・スピルバーグ 出演作 “ブルース・ブラザーズ” 1980年ざつな映画 伝説のモデルツィギー友情出演 

「ちょっとふざけて映画つくろうよ」そうおもったらとんでもない映画になった

すいません。

もうねたばれしません。

ストーリがいまいちかもしれない 長いし、おっさんむけの映画。
子供にもたのしめるとはおもう。大人も。えっちなのはなし。ギャグ映画です。
ちょっと差別にとんだ表現があります 80年代ってそういう映画多いですね、
なんとなく察した人は、ねたばれしないで、ミュージカル風ギャグ映画をみてください
監督 映画トワイライトゾーン(カルト映画かな?筆者が知ってる映画)

のジョン・ランディス でも 今回はぜんぜん舵を別にきって 明るいギャグ映画です

あと時間がながいですね この映画。

点数つけるなら
ネタバレなし10点中9
ねたばれあり10点中5

あ・・レイア姫でてたな

感想はいちよう以下に書きます

ねたばれ

なにも、前知識みないで

ジェームスブラウン(故人)がでたときの衝撃

え?ん?そっくりさん?ん?歌んーーー

んあ???? 本物じゃん。

まあ、ゲストだろ・・・ん?なんだこのピアノやの親父

??レイチャールズ?ん!!!

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

さdfさふぁsdふぁ

という感じだったわけですよ

映画で退屈なシーンもあったけど、

ギャグもドリフぽくて まあ満足でした

WIKIとかでみると ゲストのすごさが分かる傑作です





ランキングクリックお願いします。m(__)m

にほんブログ村 オヤジ
日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
[php][/php]